Manuel Alvarez Bravo

Manuel Alvarez Bravo マニュエル・アルバレス・ブラーヴォ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
1902年メキシコ・シティーに生まれる。祖父が画家・写真家、父親が画家・作家であったことから、幼少から広いジャンルのアートに触れて育ち、メキシコ革命(1910年~1920年)の激動の中で少年時代を送る。1920年代前半から写真に興味を持ち始め、ティナ・モドッティやエドワード・ウェストンらとの接点もあり、彼らの影響を受けて写真を始める。メキシコの持つ独自の生活文化を常に意識しながら、海外のアート動向も積極的に取り入れる。また、アンドレ・ブルトンに出会ったことでシュルレアリスムも意識するようになった。

しかし初期の実験的な写真には満足せず、パーソナルなスタイルが確立した1940年代に多くの初期作品を破棄し、1960年~70年代にかけてはカラーやプラチナプリントを手掛けている。ブラーヴォの作品は、ドキュメンタリー写真や人物・風景写真が中心となる、メキシコの日常的な対象を撮影したものが多いが、そこには南米の神秘的な空気感、生や死が感じられる。1955年ニューヨーク近代美術館の『ファミリー・オブ・マン』展に出品。1970年代にはその評価が欧米で認められるようになり、現在では南米を代表する写真家として高い評価を受けている。2002年歿。
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。