ミック・イタヤ

creator avotor ミック・イタヤ ミックイタヤ
タグ

ツノあるいはアンテナから無限に広がるイノセントな少女たちの空想世界。もしも少女たちが世界をイメージして創り上げたとしたら、ぼくらは苦しみや憎しみやあらゆるネガティブな感情から解放されるだろう。なぜならイノセントな少女たちはそれらの感情が芽吹く前についばんでしまうカラダ。ぼくらには苦しみや憎しみ、あらゆるネガティブな感情が必要だ。なぜならイノセントな少女たちはそれらの感情を結実させて貪り食らうカラダ。

ビジュアルアーティスト
茨城県水戸市出身、3月生まれの牡羊座。
「星のアトリエ」を構え、画家とデザイナーの顔を持つルネッサンス人。
美と愛と平和のメッセージを星の煌めきや天使たちと共に送り続けるフューチャーロマンティックなアーティスト。
流麗な線と明るい色彩で自然や神話の世界を表現、雑誌、広告、音楽、ファッション、ステージ、空間デザイン、プロダクトデザイン、出版等各分野で活躍し個展も多数行っている。

多摩美術大学在学中にファッションデザイナー、イラストレーターとしてキャリアをスタート、80年代初頭、美大のエキセントリックなメンバー3人とアバンギャルドなロックバンド「ZAZOU」を結成、さらに同じメンバーで渋谷センター街にデザインスタジオ「TABOU」を設立、ファッションと音楽のフィールドを中心にグラフィックデザイナーとしてデビューする。
ニューヨーク近代美術館に永久保存された伝説のカセットマガジン「TRA」のアートディレクターを皮切りに、イラストレーション、グラフィック、インテリア、ミュージック、ファッションと様々な分野で活躍を続け、流麗な線と鮮やかな色彩で自然と人の煌めきを表現する東京を代表するクリエイターとなる。
80年代末、架空の国「STELLAFINE」をイメージした作品群を製作し、ミュージックとファッション、アートの世界をつないで大きな話題となる。90年代に入り、SNSサイトの先駆けとなる「TIGER MOUNTAIN」にアートディレクターとして参加、続いて発表した赤と青2冊の作品集「PRESENT」の出版を機に、アーティスト活動に力を入れ、今日まで多くの展覧会を開催している。
代表作のひとつは、鏡の作品シリーズ「Mirrors」、60タイトルを越えるハンドミラー作品は、美しいものに敏感な人々に強い人気がある。出生地の茨城県水戸市で古くから伝わる水府提灯をデザインし、古くて新しい照明器具「すずも提灯」は2012年度GOOD DESIGN賞を受賞した。最近の仕事には、UNIQLOユニクロ創立時のロゴマーク、「東京スカイツリー」ソラマチの壁画やオブジェ、BEAMSのブランド「BEAMS LIGHTS with MIC*ITAYA」のストーリーとデザインなどがある。また、SHIDAXの文化事業「アートの壁」では、国連UNHCR協会を通じ、難民の子供たちに食事を届けるチャリティーイベントに参加している。

開催中
 
これから開催
 
Biography
1954 茨城県水戸市生まれ
多摩美術大学 卒業

Information
web
http://www.micitaya.com/
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。