今純三

今純三 コンジュンゾウ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
1893年(明治26年)3月1日 - 1944年(昭和19年)9月28日)は、日本の銅版画家。銅版画の技法研究にほぼ独力で取り組み、昭和初期における日本の銅版画の普及に関与した。

1893 3月 青森県(現・弘前市)代官町の生まれ。医師である父成男と母きよの3男で5人兄弟の真ん中。代々弘前藩の典医の家系。
1906  独乙学協会学校中学部に入学。

more...

1909  独乙学協会学校中学部を退学し、「太平洋画家会研究所」に入る。
1912 「本郷洋画研究所」に入る。研究生第1号。
1912 早稲田工手学校(現在の早稲田大学芸術学校)建築科(夜間)に入学。
1913 第7回文展に油彩画「公園の初秋」が入選。大正博覧会美術展に油彩「花と果実」が入選。
1914 早稲田工手学校建築科(夜間)を卒業。
1919 第1回帝展に油絵「バラライカ」が入選。
1920 松竹蒲田撮影所美術部に入り、背景設計などを担当。
1921 資生堂意匠部主任(1923年まで)
1923 関東大震災で東京の住居が倒壊したため青森市に移転。この頃から、石版画、エッチングの研究に本格的に着手。
1926 印刷会社啓明社に勤務。石版、オフセットを研究。
1927 青森県師範学校図画科教授嘱託として、美術を教える。
1933 青森県師範学校を退職し、画業に専心。4月に東奥日報社編集局嘱託となる。『青森県画譜』を10月から毎月1回刊行。
1934 『青森県画譜』完成。
1935 『エッチング奥入瀬渓流連作』及び 『エッチング 創作版画小品集』の制作に着手。
1937 西田武雄が創刊した雑誌『エッチング』の第55号から、3年間「私のエッチング技法」と題して23回にわたり連載。
1938 『松尾鉱山精錬所』制作。
1939 一家で上京。池袋でエッチング版画の制作に専念。
1940 広山謄写版インキ製造所に関野準一郎、曽我尾武治らとともに勤務。
1943 著書『版画の新技法』を出版
1944 心身の酷使で発病、7月入院。
1944 9月28日 入院先の中野区江古田浄風園病院で死去(51歳)。
1944 10月18日 菩提寺である弘前市西茂森の藤先寺の今氏の墓所に埋葬。法名「純正院画雲流泉居士」。


出典Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E7%B4%94%E4%B8%89
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。