木村伊兵衛

木村伊兵衛 キムライヘイ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
報道・宣伝写真やストリートスナップ、ポートレート、舞台写真などさまざまなジャンルにおいて数多くの傑作を残しており、日本近代写真史においてはもっとも重要な人物である。
特に同時代を生きた写真家、土門拳とはリアリズム写真において双璧をなす。


more...

1901年 東京市下谷(現在の東京都台東区)に生まれる。子供のころからおもちゃカメラを手にして写真に興味を持つ。
1920年 砂糖問屋の台湾台南市支店に勤務する傍ら、同市にあった遠藤写真館で営業写真の技術を習い、アマチュア写真クラブにおいて頭角を現す。
1924年 内地帰還後、日暮里で写真館を開業。
1930年 花王石鹸(現・花王)広告部に嘱託として入社、ライカでリアルな広告写真を撮ることで注目される。
1932年 月刊写真雑誌『光画』を発刊。
1933年 名取洋之助、伊奈信男らと「日本工房」に参加、写真報道を小型カメラの特性を生かして切り開いた。
1938年 国家総動員法公布により『写真週報』の写真家に抜擢。内閣情報部傘下の「写真協会」へ所属。
1941年 対外宣伝プロダクション「東方社」の写真部責任者に就任。
1942年 グラフ誌『FRONT』の制作・発刊に携わる。
1943年 写真集『王道楽土』を出版。
1950年 日本写真家協会が設立され初代会長に就任。また、写真雑誌の投稿写真コンテストの選考・論評を通じて、アマチュア写真の指導者として土門拳とともにリアリズム写真運動を推進した。
1956年 「日中文化交流協会」発足と同時に常任理事に就任。以降、日中国交回復前後の中国を度々訪れ、日中友好に尽力した。
1966年 日本リアリズム写真集団の顧問に就任。
1974年 5月31日死去、享年72歳。
1975年 故人の功績をたたえ、新人写真家を対象とした「木村伊兵衛写真賞」(朝日新聞社主催)が創設される。以後、新人写真家の登竜門として数多くの著名写真家を輩出している。


[主な出版物]
三島靖 『木村伊兵衛と土門拳 写真とその生涯』 平凡社、1995年、平凡社ライブラリー 2004年
『僕とライカ 木村伊兵衛傑作選+エッセイ』 朝日新聞社、2003年
『木村伊兵衛の眼 スナップショットはこう撮れ!』 <コロナ・ブックス>平凡社、2007年
『木村伊兵衛昭和を写す』 田沼武能編 ちくま文庫全4巻、1995年
『木村伊兵衛の昭和』、『木村伊兵衛昭和の女たち』 <ちくまライブラリー>筑摩書房、1990-91年
『木村伊兵衛』 <日本の写真家8>岩波書店、1998年 
『木村伊兵衛写真全集 昭和時代』 筑摩書房全4巻 1984年、復刊2001年 大著
『定本木村伊兵衛』、『木村伊兵衛のパリ』 朝日新聞出版、2006年、田沼武能・金子隆一監修で大著
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。