川端薫

creator avotor 川端薫 カワバタカオル
タグ

生命体とは自己複製する術をもつものである。
この定義に当てはめれば、私にとっては制作が自己複製であり、出来た作品は私の遺伝情報を持つものであると仮定できる。 そのため、作品が生命体のような形態をとるようになったのは自然な成り行きと言えるだろう。 とはいえ、闊達に動き回る気配は無く、目もなく脚も無い。そのため植物のようだと形容されることが多い。 彼らは私にとっての理想の生命体の形なのかもしれない。

開催中
 
これから開催
 
プロフィール
1990 福井県生まれ
2016 女子美術大学大学院修士課程洋画研究領域 修了

[個展]

more...

2018 「Microcosmos」(JINEN GALLERY)
2019 「GARDEN」(JINEN GALLERY)
2020 「透明な温室」(JINEN GALLERY)
2021 「或る惑星の細胞」(JINEN GALLERY・小伝馬町)

[グループ展]
2019  山口茉莉/川端薫 展(JINEN GALLERY)
2020 「それぞれの景の色」
2020 「One Man Show + plus」(Gallery FACE TO FACE・西荻窪)
2020 「About “crossing”」(Gallery FACE TO FACE・西荻窪)
2021 「Make the KNOTS [part 1]」(Gallery FACE TO FACE・西荻窪)
2021 「5つのいきものがたり」(Gallery FACE TO FACE・西荻窪)

Information
Instagram
https://www.instagram.com/kawabata.kaoru/
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。