加藤好弘

加藤好弘 カトウヨシヒロ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
1936 名古屋市生まれ
1958 多摩美術大学油絵科卒業
1962 よりゼロ次元儀式行動を始め、ハプニング・グループとして60年代を中心に活動する
    全国に300人以上のメンバーを持ち、人間の行動をゼロ時間=無為へと導く主張して活動した

more...

1962 「集団混合図式-踊る男の0時間」や
1963 「ナンセンス儀式」(街頭でメンバー20名が四つん這になってのデモ行進)などもっぱら性的タブーに触れるようなアナーキーな月例「儀式」活動を街頭で行った
    同時期に注目されたネオ・ダダイズム・オルガナイザーズや九州派、時間派と並んで「反芸術」の旗手とされるが、その中でも最も過激で反逆的であった集団
1969 より万博破壊共闘派の活動に入り、大阪万博粉砕を叫び、全国で学園闘争と連動しながら儀式としてデモ活動を行い、反博芸術を推進
1970 「猥褻物公然陳列罪」で逮捕されてから、パフォーマンス集団としての活動は縮小
本職は画家であるが
1971 映画「いなばの白うさぎ」(監督)を完成
1972 からインド・ネパール巡礼後
1977 夢タントラ研究所を設立、第四門構図を発見する
1990 よりニューヨークへ移住し、襖絵による夢物語「ペニスをつけた女達」を制作
1998 帰国
現在、著者「ブルックリン夢解読日記」を執筆中

2005,2007,2008 アウトラウンジ「移動式プロジェクト」参加
2005 10月-2006.9月まで毎月1回、「いつもあなただけに送られる夢の解読講座」BY 夢タントラ研究の加藤として実施
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。