片岡球子

片岡球子 カタオカタマコ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
1905 北海道札幌市に生まれる
1926 女子美術専門学校卒業。神奈川県立横浜市大岡尋常高等小学校教諭に就任
1930 日本美術院再興第17回展入選(「枇杷」)。研究会員になる
1935 日本美術院絵画部第19回試作展入選。「炬燵」が試作賞受賞

more...

1938 日本美術院絵画部研究会員研究会で「寒空」が大観賞第一賞受賞
1939 日本美術院絵画部研究会で「新緑」が大観賞第二賞受賞。第26回院展入選(「緑陰」)。院友に推挙。以後毎回入選
1942 日本美術院絵画部研究会で「祈祷の僧」が大観賞受賞
1946 安田靫彦に入門。第31回院展無鑑査出品作「夏」が日本美術院賞受賞
1948 第33回院展入選「室内」が日本美術院賞受賞
1950 第35回院展入選「剃髪」が日本美術院賞・白寿賞受賞
1951 第36回院展入選「行楽」が奨励賞・白寿賞受賞。このころ東京芸大山本豊市教授より彫刻デッサンを学ぶ
1952 第37回院展入選「美術部にて」が日本美術院賞・大観賞受賞。日本美術院同人に推挙
1959 日本美術院第14回春季展に「海岸」を出品。以後1969年(昭和44年)第24回展まで毎回出品
1960 女子美術大学日本画家助教授
1961 院展出品「渇仰」が1960年(昭和35年)度文部省買い上げ優秀美術品に。片岡球子日本画展で火山がテーマの作品発表。以後、富士山をテーマとするまで6~7年間、各地の火山を取材し作品制作、第11回芸術選奨文部大臣賞を受賞(院展出品作「渇仰」および個展の諸作品において日本画界に新風を送り、特に人物画の解釈に新生面を開いた)。第46回院展に舞楽テーマの初作品「幻想」出品、文部大臣賞受賞。日本美術院評議員に就任
1962 第5回現代日本美術展に「桜島の昼」「桜島の夜」招待出品。初の渡欧。フランス・イタリア・イギリス各地の美術館を巡る
1965 女子美術大学日本画科教授に就任
1966 女子美術大学客員教授、愛知県立芸術大学日本画科主任教授に就任。「面構」シリーズ制作開始。このころから「富士山」シリーズを製作開始
1970 北海道庁の依頼で「函館街頭風景」を制作(道庁赤レンガに展示)。神奈川県藤沢市辻堂東海岸に転居
1971 第56回院展に「面構一 葛飾北斎」「面構二 東洲斎写楽」出品。面構シリーズ初の浮世絵師作品
1975 自伝「情(こころ)ありて」執筆 第59回院展出品作「面構 鳥文斉栄之」が第31回日本芸術院賞・恩賜賞受賞。院展六十年の歩み展に「面構 安藤広重」(1973年(昭和48年))を出品
1976 秋の叙勲で勲三等瑞宝章受章
1978 日仏現代美術パリ展(パリ、グラン・パレ)に「喜多川歌麿」出品。国際交流基金買上げ。第27回神奈川文化賞受賞
1981 日本美術院理事に就任。NHKテレビ番組「女性手帳(球子画ばなし)」出演、放映
1982 日本芸術院会員に就任。
1983 第38回春の院展に「ポーズ1」出品(初めての裸婦作品)
1986 文化功労者に選ばれる
1989 第42回中日文化賞受賞[1]。文化勲章受章
1990 藤沢市名誉市民に選ばれる
1993 愛知県立芸術大学教官・卒業生と約20年かけた「法隆寺金堂壁画模写」全32面が完成、一般公開
1996 愛知県立芸術大学美術学部に愛知県奨学基金として1億円寄贈
1998 日本美術院創立百周年記念展東京展に「面構 豊太閤と黒田如水」(1970年(昭和45年))「ポーズ15」(1997年(平成9年))出品
1999 都営地下鉄大江戸線築地市場駅構内の「ゆとりの空間」に設置される「江戸の浮世絵師たち」原画制作
2000 「熱き挑戦・・片岡球子の全像」展が横浜美術館で開催
2008 急性心不全のため103歳で死去。叙従三位

出典Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E5%B2%A1%E7%90%83%E5%AD%90
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。