金子恭史

金子恭史 カネコヤスフミ
タグ
  • MetalNEKOProfile_05tr.jpg
開催中
 
これから開催
 
Biography
1974年、東京都清瀬市生まれ。
東北大学大学院理学研究科生物学専攻博士前期課程修了。
研究生活を重ねるうちに、暮らしの中に役立つ何かを作る仕事を通して、社会と関わりたいとの思いを強め、製造メーカーへ就職。工場での品質管理業務に従事し、国際規格ISOの認証取得等に携わる。
工場での大規模な大量生産や、数多のクレーム対策や品質改善業務に携わる中で、自らの目指したい「ものづくり」のありかたについて、次第に深く考えるようになった頃、ある言葉に出会い、深く感銘を受ける。

more...

「私にとって、アンティークの価値は、オークションで、どれだけの値がつくか、ということではなく、そのものにまつわる思い出の価で決まります。」
※「私のアンティーク」 堀口すみれ子  ~見るアンティーク。使うアンティークのある暮らし(主婦と生活社)~より引用
この言葉が転機となり、使う人と共に時を重ね、そこにたくさんの思い出が込められるような、豊かな暮らしや心を形作る一助となりえるようなものづくりを志す。

様々なものを支え、繋いでいくものづくりを目指して、日常の小さな道具や雑貨から、建築に関わるような大きなものまで、多様に姿を変える「鉄」に魅了され、専門学校にて金属造形を学ぶ。
卒業後は、黒田啓志氏が代表を務める「家風」にクリエーターとして参加。
2006年に、Metal NEKOを開業。住宅・建築に関わる門扉や手すり、ポスト、照明、サインや看板、建築金物類などや、家具、雑貨や道具類、小作品、オブジェなど、オーダーメイドを中心に制作。
また一方、オリジナル作品も制作を重ね、ギャラリーでの展示や、各種イベント、展示会へ出展。専門学校・金属工房助手、講師も務める。

[主な展示会]
2005年 cinq5展(吉祥寺・mono gallery)
2009年 小さな楽しみ、小さな幸せ。(祐天寺・日向堂)
2010年 glass Exhibition (鷺宮・ATTRACT)
      TACIO CANAS presents 話食夜会 (四谷・ソケースロック)
      handmade exhibition (大阪心斎橋・Acru)
Information
作品ブランド名
Metal NEKO
アトリエ/スタジオ/工房
Metal NEKO
web
http://www.metal-neko.com
Twitter
http://twitter.com/#!/Metal_NEKO
blog
http://www.metal-neko.com/blog/index.html
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。