海野貴彦

creator avotor 海野貴彦 カイノタカヒコ
タグ

生きてる事を謳歌、無限と再生を画面に全力で注ぐ。
他の活動は、舞台美術、デザイナー、パフォーマンスなど。行動の理念は「供に行動しているものが無敵な気分になる。その為には俺は楯にも鉾にもなる事を厭わない」 作品、活動を通じて”強く”生きていく事を注入するのが任務。

画家という名の祭り屋。
2012年にそれまで縁も所縁も無かった、愛媛県松山市が好きになり拠点を東京から愛媛県松山市に移す。
現在、松山市の三津浜という海沿いのまちから愛媛県、四国そして日本を盛り上げるべく、全国各地を演歌歌手さながらに転戦し、作品発表を続け、まちおこしならぬ「ひとおこし」に全身全霊を捧げる。

映画「男はつらいよ」の主人公を彷彿とさせるスタイルは、美術界の車寅次郎の異名で呼ばれることもしばしば。
得意なスタイルは「そこでしか出来ない、そこの最大公約数で制作する」こと。
主な使用画材は「絵の具」そして「人」。
絵の具でキャンバスにえがき、人でまちをえがく。まちの彩りになる事も含めて「画家」と名乗る。
海野がいる所が今日本で一番面白い所とされる。
表現方法は、絵画制作、ライブパフォーマンス、プロジェクト制作、デザイン、講演、執筆、TV/CM出演など多岐にわたる。

[制作のテーマなど]
新しい日本の美術・工芸・ものづくりのシーン構築を目指しクロスチョップ

  • 海野貴彦
  • 海野貴彦
開催中
 
これから開催
 
Biography
1975 東京都生まれ
2012 2月15日、東京から四国愛媛県松山市に拠点を移す

1997 juicer(bar・渋谷)作品納品

more...

1997 リペアファクトリー(鍵屋・武蔵境)作品納品
1998 [ノマドの時代] (大村書店)装画
1998 Speace ACT UP店内内装画 (ダンススタジオ・秋葉原)
2000 [情報と政治](新評論)装画
2001 K2ホーム(不動産屋・三鷹)作品納品
2002 ポール・ヴィリリオ著 [情報エネルギー化社会](新評論)装画
2002 植木邸内壁画
2002 不燃内装社(深大寺)作品納品
2003 ポール・ヴィリリオ著
2003 [瞬間の君臨](新評論)装画
2004 松尾税務会計事務所連作納品
2005 池下設計(株)連作納品
2006 CAPシリーズ、100作品以上を売り上げる
2007 川崎邸内連作納品
2008 根岸事務所作品納品

[個展]
1999 趙州狗子(ジョウシュウクシ)展 (日本橋)

[主なグループ展]
2003 GEISAI#3 パシフィコ横浜 展示ホールA (神奈川)
2003 GEISAI#MUSEUM 六本木ヒルズ 森タワー24階 特設会場(東京)
2006 GEISAI#9 東京ビッグサイト (東京)
2006 GEISAI#10 東京ビッグサイト (東京))
2008 GEISAI#MUSEUM2 東京ビッグサイト (東京)
2009 混浴温泉世界 (大分)

[受賞歴]
1997 二元会会友佳作賞
Information
web
http://www.gakaya.com/top.htm
facebook
http://www.facebook.com/takahiko.kaino.1
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。