Jean Fautrier

Jean Fautrier ジャン・フォートリエ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
1898年5月16日 - 1964年7月21日
フランスに生まれる。ロンドンで美術教育を受け、第一次世界大戦から復員後は写実的な画風から暗い色彩の抽象的な表現へと変化しながら、パリで作品発表を続ける。1943年ドイツ軍の捜査から逃れるために友人の導きでパリ近郊へ逃れる。ここでフォートリエは代表作となる連作「人質」の制作に取り組み始め、パリ解放後に発表し反響を呼ぶ。時代を反映した「人質」という主題のみならず、パレット・ナイフによって念入りに厚く塗り重ねた淡い色彩によって描かれる極めて抽象的な人物表現は、戦後のパリの美術界に大きな衝撃を与え、アンフォルメルの先駆けとなった。1960年ヴェネチア・ビエンナーレで大賞を受賞。1959年南画廊の個展のために来日、日本の美術界に大反響を巻き起こし、志水楠男が画商として現代美術を主導するきっかけともなった。現在、大阪の国立国際美術館で回顧展が開催されている。
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。