Jan Saudek

creator avotor Jan Saudek ヤン・ソーデック
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
1935年プラハ生まれ。6人の兄弟を強制収容所で亡くす。15歳の時初めてカメラを手にし、写真家を志す。プラハのグラフィックアートの学校で学んだ後、1983年まで写真製版のカメラマンとして働きながら写真を撮り続ける。1963年プラハで初個展。1971年彼の重要なモチーフとなる「壁」を発見する。この頃から世界的に知られるようになり、海外で多くの展覧会が開催される。

1977年頃からモノクロ写真に手彩色を始める。1984年フリーランスとなる。1990年フランスのレジオン・ド=ヌール勲章のシュバリエ章を受章。

more...

1950 プラハの工業写真学校に学ぶ
1963 エドワード・スタイケンの「Family of Man」展に触発、芸術写真家になる決心
1969 アメリカ訪問、キュレーターのヒュー・エドワーズに奨励される
プラハに戻った彼のテーマは「個人のエロスの自由」に向かい、堕落と純潔のさりげない政治的象徴を表現したので、秘密警察の監視を逃れ地下室でこっそり仕事をする。
1970 西側にチェコの代表的な写真家として知られるようになった
1977 アルル国際写真フェステバルに招待される
1983 最初の写真集が英語圏諸国で出版
1984 共産党政府の工場労働を免除し、芸術家としての労働許可証を与えた
1987 警察がネガを没収するが、後に返還された
1991 第7回東川賞の海外作家賞を受賞

[パブリック・コレクション]
ポンピドゥーセンター
メトロポリタン美術館
ポール・ゲティ美術館
など
Information
web
http://www.saudek.com/en/jan/uvod.html
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。