Jad Fair

creator avotor Jad Fair ジャド フェア
タグ
プロフィール
1974年にデビッドとジャドによる兄弟でローファイ・オルタナティブ・ロックグループ「ハーフ・ジャパニーズ」を結成した。その後30年以上に渡り、ハーフ・ジャパニーズは30枚近くのレコードを発表している。著名なハーフ・ジャパニース・ファンの1人、ペン・ジレット(コメディコンビPenn & Teller)はハーフ・ジャパニーズのレコードをリリースするがためにthe 50 Skidillion Wattsレコードレーベルに出資した。カート・コバーンも彼らの熱烈なファンであった。映画「Half Japanese :The Band That Would Be King」(1993年)は、批評家に絶賛されたドキュメンタリーであり、バンドのユニークな歴史、軌道を記録している。
ジャドはまたソロ活動も行い、時折、ダニエル・ジョンストン、ティーンエイジ・ファンクラブ、ヴェルベット・アンダーグラウンドのモー・タッカー、ヨ・ラ・テンゴ、ソニック・ユースのスティーブ・シェリーやサーストン・ムーア、ジョン・ゾーン、クレイマー等とコラボレートしている。
アルバムカバー制作(ハーフジャパニーズの多くのアルバム、ソロアルバムのカバーを手がけている)はジャドの才能をビジュアルアーティストとしての第2のキャリアへ導いた。シンプルで楽しげなドローイング、入り組んで複雑なペーパーカッティングは、日本を含みアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリアのギャラリーで展示されている。2006年にMapから出版された「Blue Skies and Monsters」を含む16冊の画集はイギリス、ドイツ、フランス、スイス、オランダ、アメリカ、日本で出版された。
2011年3月、彼の個展がHiromart Gallery Tokyoで開催される。
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。