伊藤若冲

伊藤若冲 イトウジャクチュウ
タグ

正徳6年2月8日(1716年3月1日) - 寛政12年9月10日(1800年10月27日)。
近世日本の画家の一人。江戸時代中期の京にて活躍した絵師。
生前の若冲は、『平安人物志』の上位に掲載されるほどの人気と知名度を持っていたが、明治以降一般には忘れられがちな時期もあった。しかし、大正15年(昭和元年、1926年)、秋山光夫によって本格的な研究が着手され、昭和45年(1970年)に辻惟雄の『奇想の系譜』が出版されて以来注目を浴びるようになった。特に1990年代後半以降その超絶した技巧や奇抜な構成などが再評価され、飛躍的にその知名度と人気を高めている。

出典Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E8%8B%A5%E5%86%B2

開催中
 
これから開催
 
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。