石澤英子

石澤英子 イシザワエイコ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
1981年奈良県生まれ、アムステルダム在住
2005年 Gerrit Rietveld Academy ファッション・テキスタイル科卒業、2008年 Sandberg Institute 工芸・総合芸術科修了
2009年「Invincible」 Lloyd Hotel(アムステルダム)、2011年「Double Work」Kunst Kapel(アムステルダム)、「Kappalai」Havenmuseum(アムステルダム)他

石澤の作品に共通するテーマは、「自然と文化の関係性、境界線、バランスを探る」です。このテーマを元に文化文明を“ハード”、自然を“ソフト”という抽象的な言葉に置き換え、そこから様々な素材や手法を用いアプローチします。石澤は、開拓、帝国主義、人間の創造欲、支配欲、コントロール欲、名前のある物、何かわかる存在、を“ハード”、大自然、ランダム、無秩序、野生、自由、意識以前の感覚、言葉にならない感じ、曖昧なもの、を“ソフト”と定義しています。通常“ハード”とは物理的な設備・施設を指しますが、石澤は人間の欲によって作り出される「目に見えない」ルールやシステム、個人的な記憶や経験知識も“ハード”になりうると考えています。
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。