石踊達哉

石踊達哉 イシオドリタツヤ
タグ

1945年旧満州(現中国東北部)に生まれ、70年東京藝術大学大学院を修了。その活躍はめざましく、国内のみならずフランス(パリ、ニース)イタリア(スぺロ)中国(北京)でも作品を発表。98年には瀬戸内寂聴現代語訳「源氏物語」(講談社)全五十四帖の装幀画を担当し、画集は異例のベストセラーに。石踊の描く典雅な世界は、世を席巻した源氏ブームの一翼を担った。2007年には世界遺産・金閣寺方丈の杉戸絵及び客殿格天井画を制作。伝統的な花鳥風月を現代感覚で流麗な作品に昇華させる作風は「平成琳派」と呼ばれ、高い評価を得ています。

開催中
 
これから開催
 
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。