猪熊弦一郎

猪熊弦一郎 イノクマゲンイチロウ
タグ
Biography
1902年12月14日-1993年5月17日
昭和期の洋画家。新制作協会創立会員。
「絵を描くには勇気がいる」とよく口にし、新しいものへ挑戦し続けた彼の画業は多くの人の心を捉えている。 丸亀市にある猪熊弦一郎現代美術館には彼の作品が常設展示されている。 建築家丹下健三が設計した香川県庁舎の壁画は猪熊作である。

more...

1902 12月14日 - 高松市に生まれ、丸亀市に転居。旧制丸亀中学校(現香川県立丸亀高等学校)卒業
1922 東京美術学校(現東京芸術大学)洋画科に入学し、藤島武二に師事する
1926 「婦人像」で帝展初入選を果たす
    その後、「座像」で特選に選ばれるなどし、帝展無鑑査となる
1936 帝展改組をきっかけに小磯良平、脇田和らと新制作派協会を設立する
1938 フランスに移り、アンリ・マティスの指導を受ける
1940  第二次世界大戦が勃発し、最後の避難船となった白山丸で帰国する
    終戦後、田園調布純粋美術研究室を発足し、後進の指導にあたる。
1951 上野駅に壁画「自由」を完成
    慶應義塾大学大学ホールの壁画「デモクラシー」と名古屋丸栄ホテルホール壁画「愛の誕生」で第2回毎日美術賞を受賞する
    白地に赤で有名な三越の包装紙「華ひらく」のデザインも行ない、当時としては破格の報酬でも話題となった
1955 活動の拠点をニューヨークに移す。この時期から画風は一気に抽象の世界に移っていった
    この時期は、マーク・ロスコ、イサム・ノグチ、ジョン・ケージ、ジャスパー・ジョーンズなどさまざまな著名人と交友関係を深めたことでも知られる
1973  脳血栓で倒れてニューヨークを離れ、1975年からは温暖なハワイで毎年冬をすごしながら創作活動を続けた
1980 勲三等瑞宝章を受章する
1993 「祝90祭猪熊弦一郎展」で第34回毎日美術賞を受賞する
    5月17日急逝 享年90
(出典元: wikipedia, http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%AA%E7%86%8A%E5%BC%A6%E4%B8%80%E9%83%8E)

アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。