今竹七郎

今竹七郎 イマタケシチロウ
タグ

1905年10月5日 - 2000年2月26日
日本のデザイナー(グラフィックデザイナー)、画家。日本のモダンデザインの父と呼ばれる。

兵庫県神戸市に生まれる。戦前には大丸百貨店や高島屋の宣伝部に勤務するも、戦後に独立。1929年には中山岩太らと神戸商業美術研究会を発足させ、1937年には「プレスアルト」の発起人となる。特に、関西のデザイン界を戦前戦後を通じて牽引する役割を担う。
輪ゴム(共和ゴムの「オーバンド」)のパッケージデザイン、メンタームの少年とメンソレータムの看護婦の少女のデザイン、南海ホークスのシンボルマーク、関西電力の社章デザイン等身近なものにも有名な作品がある。
出典Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E7%AB%B9%E4%B8%83%E9%83%8E

開催中
 
これから開催
 
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。