日和崎尊夫

creator avotor 日和崎尊夫 ヒワサキタケオ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
(1941-1992)
1941 高知県生まれ
日本美術家連盟の版画工房で畦地梅太郎の講習と、加藤清美の腐食銅版画の講習を受講。1964年帰郷し、廃れていた木口木版画技法を独学で身につけ、「海渕の薔薇」「KALPA」など完成度の高い作品を発 表し一躍注目を集める。1966年日本版画協会新人賞、1967年日本版画協会賞を受賞。1977年木口木 版画家の会「鑿の会」結成に参加。1991年山口源大賞を受賞。闇を刻む詩人と謳われ、[版]でしか表現できない独自の世界を築き、数々の酒にまつわる武勇伝に彩られた天才画家は50歳で逝ったが、短い生涯に500点余りの木口木版画を残した。
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。