弘田一成

creator avotor 弘田一成 ヒロタカズナリ
タグ

   現在、「腹話術師」と「摩天楼」をモチーフの柱として制作している。

   「腹話術師」は、オーディエンスから切り離されたそのモチーフに、現代的な

   孤独感とこっけい味をかんじたのが端緒である。

   人形による間接的な発話という行為は、地に足ついたアイデンティティーという

   志向と異なり、キャラを用途に応じて使い分ける、現代人の浮遊的存在と重なる。

   しかしこれは現代の病というよりは、社会と人間の関係そのものが、そういう 

   様態を含みこんだものである、ということを示唆するものである。

   「摩天楼」は、“バベルの塔”が発端のイメージであり、建設と崩壊の同時表示を

   意識した。 あやうくも構築と拡張を継続してゆく他はない、人間の性という

   ものを、このモチーフに託した。


   これらのモチーフを軸に、世界の縮図のようなイメージを展開できたら、と

   かんがえている。

開催中
 
これから開催
 
Biography
1965 生まれ
1988 多摩美術大学絵画科 卒業

[個展]

more...

1989 ギャラリイK(東京)
1991 なびす画廊(東京)
1992 ギャラリイK(東京)
1993 ギャラリイK(東京)
1997 ギャラリイK(東京)
1997 不二画廊(大阪)
1998 不二画廊(大阪)
1999 ギャラリイK(東京)
1999 ギャラリーアートワークス(静岡)
1999 不二画廊(大阪)
2000 不二画廊(大阪)
2001 不二画廊(大阪)
2001 ギャラリイK企画「知性の触覚2001それぞれの他者」
2003 ギャラリイK(東京)
2005 ギャラリイK企画「それぞれの他者来訪」
2008 ギャラリイK(東京)
2009 shonandai MY gallery(東京)
2011 shonandai MY gallery(東京)
2012 shonandai MY gallery(東京)
2013 shonandai MY gallery(東京)
2014 shonandai MY gallery(東京)
2017 fuma contemporary tokyo/文京アート(東京)


[グループ展、アートフェア]
1995 「convertion table」名古屋市市政資料館
1997 「convertion table」名古屋市市政資料館
1998 「第三回アート公募」SOKOギャラリー、モリスギャラリー(東京)ギャラリー賞
1999 「DERIVATION/派生する絵画」アートスペースX(名古屋)ギャラリーそわか(京都)
2000 「DERIVATION/派生する絵画」アートスペースX(名古屋)ギャラリーそわか(京都)
2001 「BIT展vol,3空気が行動し、受胎した絵画展」東京画廊
2002 「korean contemporary art festival」ソウル・アート・センター(韓国)
2006 「予兆の地平」アリカ・アートサイト(東京)
2010 「Art singapore2010」シンガポール
2011 「Korean International Art Fair2011」ソウル(韓国)
2011-2012 「IMAGINARY-japanese contemporary art」MOON GALLERY(香港)
2012 「Hongkong Contemporary」香港
2017 「Young Art Taipei」台湾

アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。