比嘉康雄

creator avotor 比嘉康雄 ヒガヤスオ
タグ
開催中
 
これから開催
 
プロフィール
1938年 フィリピンに生まれ、敗戦後沖縄に引き上げる。58年コザ高校卒業後、嘉手納警察署に配属。
鑑識の写真係としてカメラを手にする。1968年の米軍機墜落事故を転機に退職。東京写真専門学校に学び、71年卒業と同時に写真展「生まれ島 沖縄」開催。74年民族学者の谷川健一にカメラマンとして同行し、宮古島の祖神祭(ウヤガン)に衝撃を受ける。75年神女西銘シズとの出会いを契機に久高島に100回以上通い、年中祭祀を記録することになる。
76年「おんな・神・まつり」で太陽賞。93年『神々の古層』シリーズにより日本写真協会年度賞、沖縄タイムス出版文化賞等を受賞。
2000年逝去。
2001年比嘉康雄回顧展「光と風と神々の世界」(那覇市民ギャラリー)開催。著書に『神々の島-沖縄久高島のまつり』(共著者・谷川健一、朝日新聞社、1980年)、『日本の聖域(7)沖縄の聖なる島々』(共著者・湧上元雄、佼正出版社、1982年)、『生まれる島・沖縄-アメリカ世から日本世-』(ニライ社、1992年)、『神々の古層』(全12巻、ニライ社、1989-1993年)、『日本人の魂の原郷-沖縄久高島』(集英社、2000年)。
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。