浜田知明

creator avotor 浜田知明 ハマダチメイ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
熊本県出身の日本を代表する版画家、彫刻家。銅版画『初年兵哀歌』シリーズをはじめとした、戦争体験の独特な描出で世界的にも高く評価されている。戦争というあらゆる人間性が否定される極めて過酷な環境で20代の殆どを兵隊として過ごし、その中で画家としての視点を持ち続けることで自身の画風を育てた。戦争に代表される社会の不条理を告発する作品が多いが、そこには作家一流のユーモアと知性、そして人間に対する懐の深い理解と厳しくも暖かい眼差しが伺える。1983年からは彫刻の制作を開始し、その表現の幅を広げている。1993年には大英博物館日本館主催「浜田知明展」が開かれる。2008年には、ウフィッツィ美術館(フィレンツェ)に作品が収蔵され、個展「浜田知明展」が開催される。400年を超える歴史を誇り、イタリアルネサンス絵画の宝庫として世界的に有名な同館への現存作家の作品収蔵は異例であり、個展開催とともに日本人作家初の偉業となる。

1917年 熊本に生まれる。
1939年 東京美術学校油画科卒業。

more...

1956年 第2回現代日本美術展において≪よみがえる亡霊≫及び≪副校長D氏像≫で受賞。 第4回ルガノ国際版画展において≪初年兵哀歌(歩哨)≫で受賞。
1960年 第4回現代美術展において≪群盲≫で受賞。
1962年 ≪狂った男≫で第2回福島賞受賞。
1964年 渡欧。
1965年 帰国。フィレンツェ美術アカデミー版画部門名誉会員となる。
1975年 北九州市立美術館主催 浜田知明銅版画作品1938-1975展開催。
1979年 熊本県立美術館主催 浜田知明銅版画展において全作品を展示。アルベルティーナ国立素描版画美術館(ウィーン・オーストリア)州立近代美術館 ヨアネム・ノイエギャラリー(グラーツ・オース トリア)主催浜田知明展において自選100点を展示。渡欧。
1980年 神奈川県立近代美術館主催 浜田知明銅版画展において全作品を展示。
1989年 フランス革命200年祭に際し、フランス政府より芸術文学勲章 (シュヴァリエ章)受賞。
1993年 大英博物館・日本館主催 浜田知明展において自選版画100点、彫刻16点を展示。
1994年 熊本県立美術館主催 浜田知明展において版画、彫刻全作品を展示。
1996年 朝日新聞社、小田急美術館、富山県立近代美術館、下関市立美術館、伊丹市立美術館共催による「浜田知明の全容展」開催。
2000年 神奈川県立近代美術館主催 浜田知明-彫刻による諷刺において彫刻52点全作品、版画25点を展示。
2001年 熊本県立美術館にて「浜田知明展」を開催。駒ヶ根高原美術館にて「ゴヤ・浜田知明展」を開催。
2005年 ヒロ画廊にて「浜田知明新作彫刻展」を開催。同展はその後ギャラリー新居(大阪)、)熊本市現代美術館を巡回。
2006年 山形・本間美術館にて「浜田知明彫刻・版画展」を開催。
2007年 群馬・大川美術館にて「浜田知明ー無限の人間愛展」を開催。
2008年 ウフィッツィ美術館(フィレンツェ)にて日本人作家として初めて作品が収蔵される。 ウフィッツィ美術館が日本人作家はじめての個展「浜田知明展」を開催。
2009年 北九州市立美術館にて「浜田知明展―不条理とユーモア―」を開催。
2010年 神奈川県立近代美術館 葉山にて「版画と彫刻による哀しみとユーモア 浜田知明の世界展」を開催。


アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。