Garry Winogrand

creator avotor Garry Winogrand ゲイリー・ウィノグランド
タグ
開催中
 
これから開催
 
プロフィール
1928年ニューヨーク生まれ(1984年没)。 第二次世界大戦中空軍に所属していた時期に写真を始め、1947年にニューヨーク市立大学で絵画を、1948年にはコロンビア大学で絵画と写真を学ぶ。その後1952年頃からフリーランスの報道写真家兼広告写真家として、『ライフ』『ルック』を中心に多くの雑誌の仕事をする。その後、ロバート・フランクらの影響を受け、プライヴェートでニューヨークのストリート写真を撮影するようになる。 自身が“なにが撮られたのかということが重要なのではない。撮影されたものがどのように見えるかが問題なのだ”と語るように、従来の記録のためのドキュメント写真ではなく、パーソナルな視点から身の回りの社会風景を撮影した。1960年代以降の新しい写真動向を決定付けた重要な写真展である、1966年に開催された「Toward a Social Landscape」展(ジョージ・イーストマン・ハウス、ニューヨーク)にリー・フリードランダー、デュアン・マイケルスらと出展。さらに1967年に開催された「New Documents」展(ニューヨーク近代美術館)にもダイアン・アーバスらとともに選出され、その後のアメリカ写真界をリードしたコンテンポラリーフォトグラファーズの一人として注目を浴びる。主な写真集として、『The Animals』(1969)、『Women Are Beautiful』(1975)、『Public Relations』(1977)など。
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。