莇千亜紀

creator avotor 莇千亜紀 アザミチアキ
タグ

0.38 ㎜ゲルインクボールペンで線描画を、アクリル画は筆を使わずに手指のみで、どちらもイメージも下書きもない状態から描いています。
2017年から、N.Y拠点の日本人アーティスト支援団体JCAT(日本人現代アーティストチーム)に所属。国内/海外で活動中。

・( NY拠点 ) JCAT NY artist / abstract / outsider
・2016欧州、2017&2018ニューヨーク展示
・Exhibited in Europe in 2016, 2017 in New York, 2018
・弓道貳段

開催中
 
これから開催
 
Biography
私は、田んぼ、畑、川が一面に広がる、自然豊かな千葉県の小さな町に生まれた。小さい頃は、大地の恵みをたくさん受けて育った、にんじんすいか農業を営む両親の手伝いをしたり、近所の友達と、カブトムシ、蝉、ザリガニを採ったり、木に登ったりして、自然や人々の愛情に触れながら、のびのびと育ってきた。生命の根源に当たり前のように触れてきた。
小さい頃、テレビのCMで「芸術は爆発だ」と、岡本太郎の言葉を目の当たりにした。自然豊かなのんびりした田舎で、育ってきた私にとって、この言葉はとても衝撃的だった。時は流れ、大人になり、社会人生活を送る中、仕事に失敗して意気消沈したとき、彼のアトリエへ行った。アトリエの中に立っているだけで、信じられないほどのパワーを感じる。叱咤激励されていると感じたのか、私は気づいたら、涙が止まらなくなっていた。「私は、私という人間を、生きたいんだ」そう気づいた。
私の作品は、仕事がなかった無職時代、メモ帳にペンで線を連ねてみよう、と描き始めたのがきっかけで生まれた。イメージも何もないまっさらな状態から、想いのままにペンを走らせ、形が見えたら描きたしてゆく手法で、私は私が生きているという想いを線に託し描いている。1つ1つの線が、瞬間瞬間を生きている。線が連なって、さまざまな形が生まれる。1つ1つの形から、新しい生命が生まれる。喜怒哀楽を持つ、いろんな生きものたち。生きものたちは、自由にのびのびと羽ばたいてゆく。私の作品に触れる人たちに、笑顔や元気になってもらいたいのです。
生きることがアーティストであると、私は自負している。生きていると、人との関わりあいや、抗えない状況によって、悲しみ、憎しみ、怒りなどのやり場のない感情が生まれて、すべてを投げ出したくなることもあるけれど、そんな暗闇の中にも、一縷の光が必ずあるんだ、と言うことを伝えたい。夜空に無数の星が輝いているように。

more...

2010年、国内初の国際芸術祭「瀬戸内国際芸術祭」が開催された、香川県直島のゲストハウス様に、線画と切り絵を常設展示。2015年以降、国内ギャラリーでのグループ展、ART SPACE BAR、輸入雑貨店、カフェ、美容室での個展を開催。都内各地での手づくり市に参加。
2017年は、自分の線画を、自分以外の人とコラボレーションしたらどんな世界が生まれんだろうという想いから、「ぬり絵のワークショップ」を開催。想いのままに色を塗ることで、自己解放され、自由になれる時間を共有。同じ線画でも、選ぶ色、塗る人によって表情が変わり、世界に1つだけの作品が生まれた。NYでの展示をきっかけに、このワークショップを海外で開催したり、国境を越えて人と人とが繋がるアートの力を信じ、好奇心を持ち続け、自分の表現に邁進していきたい。

Chiaki Azami was born in a small town in Chiba Prefecture that was filled with nature, where rice paddies, fields, and rivers spread across the land. She grew up with the grace of the earth. While her parents engaged in agriculture of carrots and watermelons, as a child she would catch beetles, cicadas, crayfish, climb trees with friends of neighbors, and had grown deeply in love with nature and people. She naturally experienced the foundation of life.
When she was a child, she saw the words of artist Okamoto Taro, "Art is Explosion," on TV commercials. For her, someone grew up in a nature-rich and calm countryside, these words were very shocking. When she reached adulthood, she failed at work and and became disheartened, she went to his studio. Just standing in the studio made her feel unbelievable. She felt as if she had been given a strong, encouraging pep talk. Before she knew it, her tears were overflowing and it came to her, she wanted to be herself.
When she was out of work and unemployed, she would draw connecting lines in a notepad, which was the impetus for her to begin an art career. She draws a line with the feeling of being alive. From the state of no image at all, it is a way to run the pen as it is in her all mind and draw shapes as you can see the shape. From one by one line lives instantaneously. Lines are connected, various forms are born. From One by one shape, a new life is born. Various creatures with emotion and pleasure. Creatures fly freely. she hope people who touch their work to be energetic with a smile.
she is proud that being alive is an artist. Depending on the relationship between you and that person, you may feel uncomfortable feelings such as sadness, hatred, anger when you are alive. You want to throw away everything, even in such darkness she want to tell you that there is always light. Like an infinite star shining in the night sky.
Permanent exhibition of line drawings and cut-out pictures at guest house in Naoshima in Kagawa prefecture where the first international art festival "Setouchi International Art Festival" held in 2010. After 2015, we hold solo exhibitions at group exhibitions at domestic galleries, ART SPACE BAR, imported grocery store, cafe, beauty salon. she participate in handmade square in various places in Tokyo.
"Coloring working shop" was held in 2017. This is after thinking about what kind of world is born in her painting and its collaboration. You can freely share your time by drawing the colors you want. Facial expression changed with the color selected by the same line drawing, and only one work was born in the world. After this exhibition in New York, she would like to express this workshop abroad, believe in the power of art across borders and people, maintain curiosity and express herself

[常設展示]
・自作イラスト切り絵(B6)他…海辺のGuestHouse海っ子(香川県・直島)
・抽象画(F0アクリル)他…ART SPACE BAR BUENA(東京・大久保)
・Drawing線画(A4)他…小さなブックカフェ スローダウン(千葉県・成田市)
・Drawing線画(A4)他…Bar 桂(東京・調布市)
・アクリル画(ハガキサイズ)…橋本屋旅館(香川県・琴平)

[出展履歴・略歴]
■2009年:メモ帳にうねうね描きはじめる(1月)/Tシャツ展(砂浜美術館・高知県:5月)
■2010年:絵本展(ファンナーン・表参道:8月)
■2011年:絵本展(ファンナーン・表参道:1月)
■2014年:絵本展(ファンナーン・表参道:1月)/ポストカードコンテスト展4位(下北アートスペース:6月)
■2015年:やさしい時間(代官山spaceK:2月)/6ギャラリー合同展(代官山spaceK:7月) /PIGA展(無寸草・下北沢:9月) /個展「あたまうにうに」展(ART SPACE BAR BUENA・大久保:10月)
■2016年:公募展2016(ぎゃらりーKnulp・谷中:1月)/個展「Hoppa」展…(ベルカテナ・埼玉県:2月)/やさしい時間2016年(代官山spacek:3月)/6ギャラリー合同展(ゆう画廊・銀座:7月)/個展「うねうねゴーゴー」展(美容室Lapin-Agile・千葉県市川市:4~6月)/海外で初めての展示(Superfox・イタリア フィレンツェ:6~7月)/個展「イロイロイカイタ」展(a.b.cafe・吉祥寺:8~9月)、/ART BOX Collection GINZA(銀座8-8-8スリーエイトビル1F:9月)/切り絵展示(クルックスカフェオ・お台場:10月)/Mixture10(ゆう画廊・銀座:12月)
■2017年:第3回まち中つながる展示会(東長崎/江古田/椎名町/千川アート協力店:4~6月)/グループ展「CARNIVAL@ART」(聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターAB館5階連絡Bギャラリー:7月)/海外で2度目の展示(JCAT GALLERY in atsuko therapy・アメリカ ニューヨーク:8月)/19人の表現者が作る7インチの世界合同ギャラリー『12インチ』(汎芽舎レコード・神戸:12月)
■2018年…海外で3度目の展示(One Art Space gallery・ニューヨークトライベッカ地区:1月)/個展「線描画+α」展(ぬく森・千葉県八街市:5月)
Information
web
https://chiakiazami.weebly.com/
web
https://www.jcatny.com/azami-chiaki_jp
web
https://www.jcatny.com/azami-chiaki
Instagram
https://www.instagram.com/atama8uniuni/
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。