浅見俊哉

creator avotor 浅見俊哉 アサミシュンヤ
タグ

美術家・写真作家・造形ワークショップデザイナー

2004年頃から、「時間」と「記憶」をテーマにものを直接感光面に置き一定の太陽光を当てることで撮られる写真(フォトグラム)を制作。
代表作品にヒロシマの被爆樹木を2012年より毎年撮り続ける『呼吸する影-被爆樹木のフォトグラム-』があり、電子書籍『呼吸する影-被爆樹木のフォトグラム-』を2017年に出版。
「つくること」と「つたえること」の両輪を持って活動する事が自身の芸術活動であると考え、制作者から鑑賞者への一方向のアートではなく、主にワークショップやアートプロジェクトを通して相互に関わりの持てる「場」や「時間」を精力的につくりだしている。
2018年より、さいたま国際芸術祭2020市民プロジェクトコーディネーターを務めた。

開催中
 
これから開催
 
プロフィール
1982 東京都葛飾区生まれ
2006 文教大学教育学部美術専修 卒業

2006 「Mite !おかやま」 岡山県立美術館/岡山・岡山市

more...

2007 「Eternal Echo」 A forest Gallery / NY・アメリカ
2008 アートスペース KAPL(コシガヤアートポイント・ラボ)を設立
2009- SMF(サイタマミューズフォーラム)に参加
2014 個展「呼吸する影 -Shadow of Bombed Trees-」 新宿ニコンサロン/東京・新宿区&大阪ニコンサロン/大阪・大阪市
2015 個展「呼吸する影?被爆樹木のフォトグラム?」 GalleryG /広島・中区
2015 「MADE in GIAPPONE」 GALLERIA San FRANCESCO 他 3 ギャラリー/ REGGIO EMILIA・イタリア
2015 個展「呼吸する影 被爆樹木のフォトグラム」 旧日本銀行広島支店地下ギャラリー/広島・中区
2016 「かがわ山なみ芸術祭 2016」綾川町エリアキュレーター
2016 「さいたまトリエンナーレ 2016」SMF 学校コーディネーター
2016 「かがわ・山なみ芸術祭 2016」 香川・綾川町
2017 電子書籍にて「呼吸する影 -被爆樹木のフォトグラム-」出版
2017 「中之条ビエンナーレ 2017」 伊参スタジオ/群馬・中之条町

Information
web
https://asa19821206.wixsite.com/shunya-asami
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。