Antonio López García

creator avotor Antonio López García アントニオ・ロペス・ガルシア
タグ

スペインのラ・マンチャ地方の町トメリョソに生まれ、幼少期より叔父アントニオ・ロペス・トーレスから絵画を学ぶ。現在においてもロペスは最も影響を受けた画家として、スペイン・バロック絵画の巨匠ペラスケスとともに叔父の名をあげている。1950年から55年までマドリーヅの王立サン・フェルナンド美術アカデミーで絵画を学び、後にロペスの妻となるマリア・モレーノをはじめとする同校の芸術家たちとグループを形成し切磋琢磨していく。早くから評価され数多くの個展が開催されてきたが、近年では1993年にマドリードの国立ソフィア王妃芸術センター、2008年にはボストン美術館で、さらに2011-12年には、スペイン国内2か所の美術館(ティッセン・ポルネミッサ美術館、ピルバオ美術館)で、大規模な個展を開催し、世界的に高い評価を得ている。1992年には、彼の制作過程を撮影した映画「マルメロの陽光』が映画監督ビクトル・エリセによって制作された。

開催中
 
これから開催
 
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。