赤瀬川原平

赤瀬川原平 アカセガワゲンペイ
タグ
開催中
 
これから開催
 
Biography
(1937-2014)
1937 横浜生まれ 本名、 赤瀬川克彦
武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)油絵学科 中退
純文学作家としては「尾辻克彦」と名乗る

more...

直木賞作家の赤瀬川隼は実兄

1958 読売アンデパンダン展に出品、以後1964年の終了時まで出品する
1960 篠原有司男、吉村益信、荒川修作らと「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」の結成に参加
1963 中西夏之、高松次郎と「ハイレッド・センター」の活動を開始、「反芸術」を代表する作家となる

そのころ制作した一連の《模型千円札》が「通貨及証券模造取締法」違反で起訴された。この「千円札裁判」では瀧口修造らが特別弁護人として参加、芸術とは何かが法廷で争われた。前衛美術家、漫画家・イラストレーター、小説家・エッセイスト、写真家など多彩な顔をもち

1981 は芥川賞を受賞

「超芸術トマソン」「路上観察学会」「ライカ同盟」などの活動で、街中で発見した奇妙な物件を写真に記録・発表した。 千葉市美術館で「赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで」が開催されている。
アーカイブ

人気の展覧会

<<        >>

最近見た展覧会はありません。

<<        >>

クリップした展覧会はありません。